新型コロナウイルス感染予防にはマスクだけでは不十分?個人的予防法

 SARSの反省をあまり活かしてはいない中国とやる気のない日本の対応に嫌気がしてきたウルチです。

 タイトルを回収するために結論から先に書きます。

 上気道からだけではなく目からも感染するのでゴーグルも必要です。マスクも単層ではなく三層のサージカルマスクが要ります。N95マスクはベストでしょうが、日常生活で使用するのは難しいと思います。

 コロナウイルスに限らず全てのウイルスは増殖するために生きた細胞が必要であり、人体の場合は粘膜をターゲットにウイルスは入ってきます。多くの風邪は上気道感染が原因なのでマスクで防ぐことは理に適っているのですが、今回感染した中国人医師の証言(朝日新聞デジタル)によると初期症状として結膜炎だったと証言しており、彼も保護メガネ着用の必要性を説いています。

 ここで気になる点として、この中国人医師は調査のために武漢入りし感染している点です。十分な準備と感染予防の知識がある人間でも感染してしまうのであれば、我々一般人は感染から逃れることができないように思われます。

 それでもできる範囲で予防しようとするならば以下の点でしょう。

  • 人混み、特に春節の間は観光地や公共交通機関には近づかない。
  • 春節が終わる頃には日本人:日本人の感染が発生している可能性があり、買い物もあまり人のいない店でする。
  • マスク+ゴーグルを着用する。
  • 髪や鼻、目を手で触らない・擦らない。
  • こまめに水分を取る。インフルエンザにおいて【うがい】の効果が薄いのは、うがいをする前に感染が成立してしまうからです。喉に付いたウイルスを洗い流すよう少量の飲料をできるだけこまめに(20分)摂取しましょう。
  • 室内は加湿する。
  • なるべく早めに就寝する。
  • 病院へのお見舞いは避ける。この時期はただでさえインフルエンザの患者がいます。
  • 高齢者、糖尿病など基礎疾患のある人は細心の注意を払う。

 

 今回のウイルスは厚労省によるとSARSやMERSよりも感染力が低いと言っていますが、僕はあまり信じていません。毒性は低そうですが既にコントロールできないレベルになっていると思います。またウイルスは変異するものであり、今回のウイルスがSARSレベルの毒性を持つことも充分考えられます。

 中国、いや中国共産党にとって都合の悪い情報は基本的にカットされる。感染者と死者の情報を出していますが、感染が確認された人<実際の感染者は確実であり当てにならない。武漢を封鎖した時には既に首都北京にも感染者が出現、封鎖を拡大した時には中国全土+海外でも発見。

 北朝鮮は中国人の入国を禁止し、フィリピンは航空機を送り返す中、日本は受診を呼びかけるだけなの…もう嫌だ。